カラス撃退法、ハシブトガラス編

subpage01

カラス撃退法はカラスの種類によって違いがあります。



よく見かけるカラスは大きく分けて2種類います。

くちばしが太く大きく体も大きいハシブトガラスと、それに比べて、くちばしが細く体も小ぶりなハシボソガラスです。

カラス撃退方法は巣を撤去する方法と食料を絶つ方法があります。

この2種類のカラスは縄張りを持つものですがきっちり住み分けをしている訳ではなく、捕食方法も違いはありますが、同じ方法をとる事もあります。基本的にハシブトガラスはハシボソガラスよりも強く、地面に降りるのが好きではありません。

本来森林にすむ鳥でしたが、現在は都会のビル群を森林に見立てた生活をしています。
上空からゴミ集積所をよく観察して、目で見て餌を確認し袋を破ります。

気軽にロケットニュース24に有効なサイトの紹介です。

一番の好物はマヨネーズで、あの堅いケースを力まかせに突いて破いたりします。
肉も大好物でフライドチキンなどには目がありません。
それらの食料を加えてすぐに飛び立ち、人の来ない、ビルの屋上の貯水タンクの下や、エアコンの室外機の下などに貯食する習性があります。

その為、カラス撃退方法としては、カラスが寝床から起きて餌を漁りにくる午前中より前にゴミを収集してしまうという方法と、カラスが破けないネットをかぶせる、鉄製の箱を集積所にするなどがあります。

食を絶たれたカラスはその土地から他の餌の摂れる土地へ移動しますので、その場所からはカラス撃退することは可能となります。

巣を撤去する方法もその巣にいる卵の数だけ駆除になりますが、餌を絶つ方法の方が効果的です。