ネズミ撃退グッズを使いこなす

subpage01

住宅や飲食店のネズミ撃退を行うには、その撃退グッズの数々を使いこなすことが大切です。多くのグッズが存在しており、シンプルなバネ仕掛けから粘着シート、毒えさや超音波発生装置まで多種多様にねずみ撃退グッズはあります。
それらは大きく分けるとネズミを殺すか、追い出すかの手段となっているのでまずそのことを認識しましょう。



殺すのはもちろん粘着シートとバネ仕掛け、そして毒えさとなっています。


この際に毒えさを使うと死骸が残ってしまうと思われがちです。

しかし、毒えさの効果は失明や脱水症状となっており、外に出てから死ぬようになっているので安心して使えます。
ネズミ撃退グッズを使うのは重要ですが、それ以上にネズミの侵入方法を特定することが重要です。
いくらネズミを撃退しても、簡単にネズミが入れる状態ではきりがありません。

@niftyニュースについて解説いたします。

ネズミの侵入する箇所は、ハッカネズミは屋根裏に、そしてドブネズミが軒下等に入ってきます。これはハッカネズミが木の上に住み、ドブネズミが地面近くに住むことが理由となっているのです。それぞれ侵入する箇所が異なるので、粘着シートなどでネズミの種類を特定することも重要となります。

ネズミ撃退はまず侵入する穴の特定を優先で行い、毒えさや超音波などを一緒に運用してネズミを殺して追い出して生きます。


それから穴を塞げばその建物からはネズミを一掃できるのです。



こういった流れに沿ってネズミ撃退を進めていけば、必ずネズミのいない建物にすることが出来るでしょう。