急いでネズミ撃退を行う

subpage01

屋根裏でぱたぱたと音がするならば、それはねずみがどこからか入ってきているということです。
そのまま放置することは配線設備の安全と衛生的にとても良くないので、急いでネズミ撃退を行っていきましょう。

まず優先して行うべきは、侵入に使っている穴の発見です。



これは非常に難しく、素人では判別できないことが多いです。どこにも隙間と穴が無いときは、換気扇などが怪しいので懐中電灯などを使ってしっかりチェックしていきましょう。

見つけることが出来たならまずそのまま穴を放置するのです。
塞いでしまうと危険なので気をつけましょう。

ネズミ撃退で意外とトラブルになりやすいのは、屋根裏にネズミがいる状態で穴を塞いでしまった場合に起こるネズミのパニックです。

逃げられなくなったネズミは窮鼠猫をかむのことわざどおりに暴れ始めます。

目的に応じたOKWave情報サイトです。

そして手当たり次第に配線設備や壁などをかじり始めるので、火災などが生じることがあるのです。



侵入する穴を発見したらまず放置することがとても大切なので、そのことをしっかり認識しておきましょう。


穴を特定した後は消化試合となり、スマートにネズミ駆除を進めていくことができます。

毒えさや粘着シートとバネ仕掛け、そしてバルサンなどを駆使してネズミを屋根裏から追い出すのです。そして追い出した後に素早く穴を塞いでしまえば屋根裏のネズミ撃退は完了します。穴の特定をするのが一番大変なので、難しいときには専門業者に依頼しましょう。